バリアフリー化を目指す

この日本は、少しずつバリアフリー化が進んでいます。近年、この言葉を沢山聞くようになりました。

しかし、まだまだ足りないと思います。

外国は、もっと進んでいるそうです。

どう考えても車いすの人にはのぼれない段差や狭い道、トイレなどまだまだあります。

多目的トイレだって他の人が普通に使ったりしています。

公共施設のバスも一人で乗れたものではありません。

最近では、バリアフリーを考えて、段差をなくしたマンションや、住宅も販売されています。

こういった取り組みはとても大事でしょう。

もし、自分が・・・と、考えた場合、きっと気付く事が沢山あるでしょう。

あたしは、今とても健康です。

だから、見えない所や気付けない事もあります。

皆が、色んな所に気付ける様にしていきたいですね。

先日、杖を付いているおじいちゃんを見かけました。

きっと、足が悪いのでしょう。しかし、降りようとしていた階段に段差は無くとても危なそうでした。

近くにいた人が手を取ってあげて無事に降りる事が出来ました。

しかし、この便利なこの中ですが、体の不自由な人、高齢者に目を向けて街作りをしていかなくてはいけないところもあるのではないでしょうか。

みんなが同じ様に生活出来る様にしていきたいですね。